ttl_function

住宅取得者を保護するため、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)は、2009年10月1日以降に引き渡される新築住宅について、10年間瑕疵担保責任を確実に履行できるよう義務づけています。
簡単にご説明すると、10年間、瑕疵を補修する費用を購入者が負担しないですむという保証です。

対象となる瑕疵担保責任の範囲
住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質確保法)に定められた構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

万が一、住宅完成前に倒産等により工事の継続が不可能になった場合、住宅あんしん保証が工事継続の為の業者選定、追加費用の負担等を引き受けることで、工事完成を支援する制度です。

適切な調査・設計により地盤の用途に応じ、軟弱地盤の強化や漏水の防止を行い第三者機関から10年間の保証を致します。